ふるさと納税をすると家電が無料で貰える!

女の人

地方を応援する税金

田舎

ふるさと納税は、2008年からスタートした新しい形の地域振興策です。本来、税金は所得があったとか家や自動車を購入したとかいった一定の要件に該当した場合に、強制的に徴収されるものです。これに対してふるさと納税は、自分が税金を納めたい場所やその額を任意に決めることができます。一種の寄付行為なのですが、法律上は正式な税として取り扱われおり、確定申告時に所得控除の対象になります。では、具体的にどうやってふるさと納税の納付先を選ぶのかというと、これはまったく本人の自由意志に任されています。ごく一般的な選び方としては、今は遠く離れているが、かつて自分が生まれ育った地に納税するというのがあります。これは、自分を育ててくれたことに対する恩返しの意味と、教育費など自分のために使われたコストを還元するという2通りの意味があります。また、地震や台風などの災害に見舞われた地域に対し、復興を支援するという目的で納税するというのも1つの考え方です。さらに、返礼品をポイントにして選ぶというやり方もあります。返礼品とは、ふるさと納税を行った者に対して納付先の自治体が贈る一種の記念品です。財政支援に対する謝礼の意味で贈られますが、その地域に継続的な関心を持ってもらいたいという希望も込められています。そのため、各種の食材や地場産業によって生産されたものなど、特産品が用意されているのが一般的です。また、著名な観光スポットを有している地域からは、旅行券や観光施設の招待券などが贈られることもあります。インターネットのポータルサイトをチェックすれば、全国の返礼品を調べることができます。